スリアロβスタジオ

What's the spaceスリアロβスタジオについて

人狼ゲーム専用スペース

スリアロβスタジオは、対話型推理ゲーム「人狼」を遊ぶスペースです。
スペース専用のゲームマスター(通称GM)も付くため、お客様全員で遊んでいただくことができます。
人狼生放送番組「麻雀プロの人狼スリアロ村」に出演しているプレーヤーもイベントを行うことがあります。詳細はEVENTにて。

What's Were Wolf人狼ゲームについて

ストーリー

とある平和な村に、ある日人の姿をした人狼たちが紛れ込んでしまいました。
人狼たちは夜になると、村人を1人ずつ食い殺します。
昼間の間は人の姿に化けており、見た目だけでは誰が人狼なのかは判断できません。

このままでは村人は一人残らず食い殺されてしまいます。
もう一度平和を取り戻すためには、人狼が人の姿になっている昼の間に話し合いを行い、人狼と疑わしき者を処刑しなくてはなりません。
根拠となるのは、数人に与えられた特殊能力と話術、そして推理力。

人狼を全員処刑できれば村には平和が訪れます。
生き残った村人の人数が、もしも人狼の人数以下になれば、その村は人狼に滅ぼされてしまいます。

村人は無事に人狼を追放し、平和な村を取り戻すことができるのか――
人狼は最後まで村人のふりをして、自身を隠し通せるのか――

さて、今日も恐ろしい夜がやってきます。
命がけのトークバトルの始まりです。

ゲームの流れ

13人で行う場合、基本的には狂人を含む人狼陣営4人、村人陣営9人で行います。

◆準備
ゲーム開始前にプレイヤー全員にカードが配られます。配られたカードを確認し、自分の役職を把握してください。
カードが配られた後は、役職確認を行います。
全員目を瞑り、ゲームマスターが各役職に目を覚ますよう声をかけます。
この時、人狼が複数いる場合は、全員が目を覚まします。人狼は仲間が誰であるか確認を行うことができます。

Ⅰ.昼のターン
この村の中で誰を人狼と思うか話し合いを行います。
議論の時間は日を追うごとに少なくなっていきます。

Ⅱ.投票
多数決でその日の処刑対象を1名決めます。
処刑された人は、処刑時に遺言を残すことができ、その時点以降発言ができません。

Ⅲ.夜のターン
能力を持っている人たちがそれぞれの能力を行使します。

◆ゲーム終了
Ⅰ~Ⅲ(これを合わせて1日とカウントします)を繰り返ます。
以下の条件に当てはまればゲーム終了です。
村人陣営勝利:人狼3匹をすべて夜のターンに処刑できたとき。
人狼陣営勝利:人狼と人間の数が同数か、人狼の数の方が上回ったとき。


※画像クリックで拡大します。

POSITION役職一覧

人狼陣営 村人陣営

Copyright© 月夜の人狼 Copyright© 長谷川登鯉